FC2ブログ

John Lennon特集

MUSIC BLVD. 〜音楽大通り〜 #005  Dec.,3.2015 (THU)

本日のテーマは、12月8日が命日ということで“John Lennon特集”

1980年 NY自宅のダコタハウスの前で凶弾にたおれたのですが、ハウス ハズバンド(子育て)に
専念していた彼が、久々の意欲作 アルバム「ダブル・ファンタジー」を発表した直後だっただけに、
その死が悔やまれてなりません。

この年は、1月にPaul McCartney がマリファナ所持で成田空港で逮捕され、
7月に、レッド ツェッペリンのドラマー ジョン・ボーナムが急死し、
バンドは解散、そして12月8日、Johnの訃報と
音楽関係は悲しいニュースが多かった年です。
John Lennonニュースは、新聞で知りました。
その時ビートルズのメンバーだと認識しました。
当時、僕は小学5年生かな、、、

僕は12月に入ると、8日の命日まで、基本的にはJohn Lennon に関する曲を中心に聴いてます。
とういことで、この番組でもJohn Lennon特集とさせていただきます。

01 John Lennon / Real Love (2:52)
『映画「イマジン」サントラに収録された、本人弾き語りのデモバージョン』

02 John & Elton Jon / Whatever Gets You Thru The Night(4:20)
03 John & Elton Jon / Lucy In The Sky With The Diamonds (6:00) 
04 Fiona Apple / Across The Universe (5:07) 
05 Ringo Starr / Only You (3:24)
06  John Lennon / Starting Over (3:56)
07 John Lennon / Woman (3:26) 
   

ソロ第4作アルバム『心の壁、愛の橋』(1974)収録の「真夜中を突っ走れ」の
レコーディングにエルトンジョンが参加。
ジョンはこの曲が1位になったお礼に、1974年11月29日にエルトン・ジョンの
マディソン・スクエア・ガーデンでのコンサート[1]に参加した 
日本のみで81年に『エルトン・ジョン&ジョン・レノン・ライヴ!!』
としてその3曲を含むマジソン・スクエア・ガーデンのライヴが単独でアルバム化されていた。

1973年の10月から1975年の1月までジョンとヨーコは別居生活を送っています。現在「失われた週末Lost Weekend」と呼ばれる期間なのですが、一般的な理解としてはジョンがヨーコと別れLAに出向きニルソンやリンゴやキース・ムーンとレコーディングセッションなどしていた。

Mick Jagger/Too Many Coocks(73) ダニー・コーチマー(ギター)、ジェシ・エド・デイヴィス(ギター)、アル・クーパー(キーボード)、ジャック・ブルース(ベース)、ジム・ケルトナー(ドラムス)
ハリー・ニルソン/Pussy Cats (プシー・キャッツ) (1974)
David Bowie/FAME (75) 念願の初全米No.1ヒット、トニー ヴィスコンテ:「Young America」

次回は「映画音楽特集」です。あなたが好きな映画音楽を是非教えて下さい。
お待ちしております。

コメント

非公開コメント